内視鏡検査|名古屋市中区の内科、小児科は森内科クリニックへ

お電話でのお問い合わせ

052-331-2725

診療時間:9:00〜12:00 / 16:00~19:00

内視鏡検査

経鼻内視鏡について

経鼻内視鏡

胃カメラ検査とは、先端に高性能のカメラを設置たファイバースコープ(内視鏡)を口または鼻から挿入し、食道、胃、十二指腸などを直接観察する検査です。病変が見つかった時には、組織を採取して病理検査を行い所見する事ができます。加えて、胃カメラ検査とあわせてピロリ菌検査・除菌を行う事もできるです。胃カメラ検査には口からファイバースコープを挿入する「経口内視鏡検査」と、鼻から挿入する「経鼻内視鏡検査」の2種類がありますが、内視鏡検査をウィークポイントに思っている方も多々あるでしょう。そのような事例には、鼻から入れる内視鏡検査を受けてみませんか?鼻から入れる内視鏡検査を受けた方の多くは、「口からよりも楽だった」という経験をした人も多くいます。

こんな症状の方は是非一度内視鏡検査を受けて見ませんか?

  • 胃痛がある
  • 胸やけ
  • 食欲不振
  • 喉の違和感・食べ物のつかえ感
  • 体重が減少ぎみ
  • ご家族やご親族で胃がんの方がいる
  • 検診で胃カメラ検査を勧められた

ピロリ菌の治療このような症状の方は一度内視鏡検査をすることをおすすめします。早期発見・早期治療が最も大切です。お気軽にどんなことでもご相談下さい。

経鼻内視鏡の手順

鼻腔粘膜の血管を収縮させます。出血しにくくするだけでなく、鼻のとおりもよくするために行います。スプレーは風がシュッと入るような感じで、ほとんど痛みはありません。

鼻に血管収縮剤をスプレーします

これによって鼻の通りがスムーズになり、出血しにくくなります(花粉症の点鼻薬などにも含まれているお薬で、痛みはありません)。

局所麻酔薬を注入します

内視鏡を通す方の鼻腔にゼリー状の局所麻酔薬を注入します。局所麻酔のため、眠くなりません。

奥まで局所麻酔を行います

鼻腔に麻酔薬を塗ったやわらかいチューブをゆっくり入れて、奥まで局所麻酔を行います。

内視鏡をゆっくり挿入します

食道→胃→十二指腸の順に、上部消化管を観察します。

検査中にモニターを見ながら、医師と会話ができます。

検査結果の説明

検査終了後、診察室で撮影した画像をモニターで確認しながら検査結果の説明を受けます。約1時間ほどで飲食ができます。また、原則として眠くなる麻酔を注射しないので、すぐに帰宅できます。ただし検査当日のアルコール摂取、入浴は避けましょう

経鼻内視鏡のメリットとデメリット

メリット

  • 麻酔に用いる薬が少量であるため、体への負担も少なく安全
  • 検査後に仕事をすることも可能
  • 検査中に会話ができる

デメリット

  • 内視鏡の挿入により鼻出血等、鼻粘膜が傷つく恐れがある為、鼻の疾患のある方は避けた方がよい
  • 検査と同時に、ポリープ切除や細胞採取などの処置が行えない

トップへ戻る